会社のコト 働くヒト お知らせ・ご案内 その他

2019/03/08

FC東京の森重選手、小川選手、久保選手がXFLAGに来てくれました!

  XFLAGでは一人じゃできない熱狂を。をスローガンに、スポーツの場での熱狂を、もっと気軽に、もっとエキサイティングに、ファンの方々と一緒につくりあげていくことを目的として様々な活動をしています。

その一環として2018年1月、FC東京とクラブスポンサー契約を締結し、2019年1月には新たにマーケティングパートナーシップを結びました。

そんな中、沖縄でのキャンプを終えた2月13日にFC東京から選手3名(DF森重真人選手、DF小川諒也選手、MF久保建英選手)がミクシィを訪問してくださいました。熱気と笑顔に包まれたイベントの様子をお届けします!

 

トークセッション

 

まずは弊社代表取締役社長の木村弘毅がインタビュアーとなり、選手の皆様に様々なお話を伺いました。ここでは抜粋してご紹介します。

▲左から:弊社木村、久保選手、小川選手、森重選手

━━━━今季のタイトルへの意気込みは?

森重選手:今年こそは取りたいと思います。せっかくXFLAGさんの大きなサポートも頂いていますし、久保選手のような優秀な若手も多いのでぜひ若手に活躍してもらって、もちろん僕たちベテランもしっかりと後輩たちに見せながら、今年はリーグタイトルを取りたいと、選手みんな思いながらずっとやっています。それはファン、サポーターの方々も同じ気持ちかなと思います。

小川選手:優勝したいという想いは選手もファン、サポーターの皆さんも同じだと思います。今年は若い戦力が多く入ってきていますが、上の選手たちが若手に本当に良くしてくれます。緊張して全力でプレー出来ない時も先輩たちが気遣ってくれて、すごく良いチームになっていると思います。

久保選手:長谷川監督はピッチの外での礼儀はしっかりするようにと言いつつ、グランドに入ったら年齢関係なく若手やベテランというくくりをしません。誰が出ても同じようなサッカーが出来るチームになりたい、と皆が思っていると思うので、そういうチームになれれば良いなと思います。

会場からは久保選手、小川選手に移籍についての質問も。

久保選手:昨シーズンの途中、自身の成長を求めて期限付き移籍をしました。そこで確かな成長を感じることが出来て、今季のキャンプに入ってからも、思っているとおりとまではいかないのですが、ある程度認めてもらえるような存在になれたかなと思っています。「移籍することで一回り大きくなってこのチームに少しでも貢献したい」と言う理由で移籍をしたので、その目標を叶えるために帰ってきました。

 

小川選手:久保選手とだいたい同じですが…。自分の成長のために「東京に残るか他のチームで違う景色を見るべきか?」を考えた時、正直迷いました。でも森重選手や先輩方に「残ったほうが良い」と言われ、自分自身でも色々考えた結果、FC東京でプレーすることが自分にとって一番の成長に繋がると思いこのチームに残りました。

 

選手からたくさんの熱いコメントを聞けた30分間のトークセッション。会場からは大きな拍手が何度も湧き起こりました。

 

直筆サイン入りボール抽選会

トークセッションの後は直筆サイン入りボールの抽選会。選手がその場でサインをしたボールが、くじ引きで当選した社員に贈られました。

写真撮影

最後に、木村から「僕らも本気で応援しますので、ぜひ素晴らしいプレーを期待しています!」というコメントと共に花束贈呈をし、集合写真を撮影。そのあと選手の皆様はハイタッチで会場を後にしました。

実は、イベントの後も…

イベント終了後も選手の皆様はYouTubeで毎週配信している「モンストニュース」用のコメント動画撮影や、インタビューに応じてくださいました!

動画撮影

インタビュー


森重真人選手

ミクシィ様には初めて訪問させていただいたのですが、若い方が多く、非常に勢いを感じました。
日頃のご支援の感謝をお伝えする場だったのですが、たくさんの社員の方々に集まっていただいて、我々がパワーをもらえました。
今シーズンこそは優勝できるように頑張ります!


小川諒也選手

トークセッションは木村社長のおかげで楽しかったです!社員の皆さんとの距離も近くて、期待していただいていることを強く感じました。
ミクシィのみなさんの期待に応えられるよう今シーズンも頑張ります!ぜひ味スタに応援にきてください!


久保建英選手

予想以上に多くの方に参加いただいて嬉しかったです!
自分の学校でも多くの友人がモンストをやっているので、その会社を訪問することができて楽しかったです。
ミクシィ様を含めて、みなさんと喜びをわかちあえるシーズンになるよう頑張ります!


森重選手、小川選手、久保選手、お忙しい中本当にありがとうございました!

 

最後に、イベントの担当者にもインタビュー

本イベント全体の統括をしたスポーツマーケティンググループのマネージャー、柴にイベント実施までのチーム体制や想いなどを聞きました。

 

━━━━イベント開催まで準備期間が短かったと聞いていますが、どのように進めていったのですか?

準備期間が1週間程度しかなかったので、実施目的を明確にしたうえで、チームの中で役割を決めそれぞれで準備を進めていくようにしました。

関係する部署との打ち合わせや備品購入などをスピーディーにしたことで、短い準備期間で実施することができました。

 

━━━━今回のイベントに込めた想いを聞かせてください。

社内向けに行うクローズドなものだったので、ミクシィスタッフの皆さんが、少しでもFC東京を応援したい、スタジアムに行ってみたいと思えるような体験と、参加していただくFC東京選手の皆様がミクシィの熱量を感じてもらい今シーズンの励みになればと思い企画しました。

そういった意味合いで、選手とスタッフの距離が縮まるように、各コンテンツや選手の生の声が聞こえるようなイベントにしています。

スポンサーを始めて2年目のシーズンですが、社内でも、熱いFC東京サポーターの方もいれば、まだFC東京に対する印象が薄い方もいるので、こういった場を活かして社内のスタッフの熱量を上げていきたいと思ってます。

 

━━━━これからのミクシィのスポーツ事業への取り組みについて聞かせてください。

ミクシィがサポートするクラブや選手と一緒に協力しながら、エンターテインメント性の向上や来場者の観戦体験の向上を図っていきたいです!

スポーツを見に来た人がスポーツ以外の部分で楽しいと思ってもらえる仕掛けや、スポーツを現地で見たことがないという人が見に行ってみたいと思えるような仕掛けを行い、みんなでワイワイとスポーツを軸にコミュニケーションを取れるような世界を作っていければと思います!

 

これからもミクシィ社員一同FC東京を全力で応援するとともに、マーケティングパートナーとして試合以外の部分でファン・サポーターの方々に今まで以上に楽しく新しい体験を届けられるよう、サポートさせて頂きたいと思います。