会社のコト 働くヒト お知らせ・ご案内 その他

2018/08/28

「iOSDC Japan 2018」に登壇するエンジニアに意気込みを聞いてみた。

iOS関連技術をコアとする技術カンファレンス「iOSDC Japan 2018」が今年も開催されます。

日時:2018年8月30日(木)〜9月2日(日)

場所:早稲田大学 理工学部西早稲田キャンパス63号館

本カンファレンスにミクシィグループからは2名のエンジニアがセッションに登壇すると聞きつけたので、何を話すのかネタバレねらいで聞いてきました。

 

登壇者はこちらの二人。

酒井 篤 @_atsushisakai

2011年4月ミクシィ入社。mixi日記・mixiボイスの各種改善を行った後、mixiモール・mixiマイ取引など複数の新規事業立ち上げに携わる。その後、会長の笠原とともに初期メンバーとして、『みてね』を立ち上げ、開発グループ全体のマネージャーを担当。

岩名 勇輝 @_rockname

2018年4月ミクシィに新卒入社。みてね事業部に配属。フルスタックエンジニアとして開発を担当。

 

━━━━「iOSDC Japan 2018」への登壇は、応募したセッションの企画が採択された結果だと聞いています。

岩名 会社で協賛するという話を聞いて、これはチャンスだと思い申し込みました。というのも、人前で話すのも好きですし、周りからの勧めもありましたので、カンファレンスで登壇できることにチャンスを感じたからです。採択されて嬉しかったですね。

酒井 私と岩名は、「家族アルバム みてね」を開発しています。国内のコミュニケーションサービスの中で、海外に向けてもサービスを開発し展開しているケースは珍しいかと思います。その開発事例を日頃お世話になっているコミュニティに還元したい気持ちがありましたので、応募しました。

━━━━お二人の企画は多数の応募の中から選ばれた内容ということで、開発者の方々も興味があるかと思います。セッション内容を教えていただけますか。

岩名 iOSエンジニアの中には、デザイナーとのやり取りでデザインを修正する際にビルド時間にストレスを感じる方がいらっしゃるかもしれません。私の登壇内容は、UIのサイクルを早く回すことができる手法についてです。具体的には、viewのみを短時間でビルドして対象シーンをPlaygroundで表示します。

酒井 私の内容は、画像や動画を高速に配信し・閲覧できる仕組みです。単純なことではありますが、みてねで実装している処理はとても複雑です。NewRelicによる計測や、AWSを含むシステム全体の設計、そしてアプリの実装など一連のフローについて話す予定です。

━━━━ズバリ、見所は。

酒井 数ある解決手法の中の一つではあるかもしれませんが、お役に立てるのではと。詳細は会場で(笑)。

岩名 表示するシーンにもよりますが、体感値としては早くなるかと思いますので、ぜひ会場でキャッチアップしてほしいです。

━━━━会場ですか(笑)。ちなみにお二人は「みてね」の開発チームで普段はどのようなことを担当されているのでしょうか。

岩名 4月に配属されて、iOS、Android、サーバーサイドと一通り担当してきました。今は、iOSのタスクを中心に担当しています。様々な技術を学びたいと思っていまして、興味のある分野のタスクにチャレンジできるので充実しています。最近では、Objective-Cで書かれたおよそ700行のコードをSwiftへの書き換えなどを担当しています。結構大変でしたけど(笑)。

酒井 今年に入ってから、SREチームの一員としてインフラ全体のアーキテクチャの見直しや各種自動化などを行なっています。iOSもビルド時間の改善やライブラリのアップデートなど細かい作業を行っていたりはします。あとはエンジニアのマネジメントです。

━━━━業務で得た知見を「iOSDC Japan」という大きなカンファレンスで発表することで、より多くの似たような課題を抱える方々の役に立てれば良いですね。

酒井 そうですね。日本のユーザーと同様に海外のユーザーにも同じような体験をしてもらえるアプリを実装しようとすると、意外なところで問題が出てきたりするので、参考にしてくれたら嬉しいですね。

岩名 困っている方の解決策として、また開発効率の向上に繋がればと思いますので、楽しみにしていてください。

━━━━当日の発表を楽しみにしています。

 

酒井のセッションはコチラ

海外展開を目指すアプリでセキュアで速い画像と動画の閲覧を実現した話

日程2018/08/31 14:20〜
概要:「家族アルバム みてね」は、徐々に国外にユーザーを拡大しています。常に海外での快適な利用が実現されることを意識して開発していますが、その中でもメディアを高速に配信し・閲覧できることは、最重要課題でした。どのように課題を認識・改善したかの知見をお話ししたいと思います。

アジェンダ
1. 認識(NewRelicによる計測)
2. 設計(AWSも含むシステム全体)
3. アプリ実装について
4. 成果とさらなる課題

岩名のセッションはコチラ

Playground駆動開発のすすめ

日程 2018/08/30 20:00〜
概要ほとんどのiOSエンジニアは、デザイナーさんからデザインを受け取り、その仕様通りに実装すると思います。が、それでもやはりデザイン調整は入ります。その度にSwiftの長いコンパイルを待ってUI調整を確認するのは、さぞツライ作業です。そこで、デザイン調整の工程をPlaygroundでやってしまおうというわけです。

…それが「Playground駆動開発」です!

「ビルドにストレスを感じている」「高速レスポンスのアプリ設計を知りたい」など考えていらっしゃる方は、是非二人のセッションを参考にしてみていただけると嬉しいです。

 

– – – – – – – – –  ※※※ - – – – – – – – –

■ pick up! ■

大規模インフラのSREから社内スタートアップへの挑戦。ベテランエンジニアのキャリアの作り方
フルスタック開発?DVDの新機能? 未体験ゾーンが自分を磨く ~新卒1年目 成長の軌跡~#3