会社のコト 働くヒト お知らせ・ご案内 その他

2018/01/30

Find Job!の公式キャラクター「アカボシ」に込める中の人の想い

1997年いわゆるネット黎明期に立ち上がり、IT・Web業界に特化した求人情報サイトとして大手や中小、スタートアップ企業が経験・未経験問わず様々な求人情報を掲載し、長年に渡り求職者のIT・Web業界への転職をサポートしてきたFind Job!
サービス開始から20年を経た2017年、公式キャラクターが誕生したのをご存知でしょうか。
その名はアカボシ。
アカボシに込められた狙いや想い、これからについてインタビューを実施しました。
(写真 左:加藤 右:齊藤)

転職サイトではなく求人情報サイト

━━━━改めてFind Job!について教えてください。

加藤 1997年にサービスを開始したIT・Web業界に特化した求人情報サイトです。大手や中小、スタートアップ企業が経験・未経験問わず様々な職種の求人情報を掲載しているため、求職者は自分のニーズに合った就職先を探しやすく、採用企業側からすると、1求人につき正社員・アルバイト・業務委託といった3つの雇用形態での募集が可能という点が特徴です。

━━━━1求人につき1雇用形態が通常な気がします。

加藤 はい。他社の多くは1求人1職種だったり、1求人1雇用形態だったりの募集しかかけられませんがFind Job!は違います。そのため採用コストを抑えられて企業にも寄り添っているとのお声をたくさんいただいたき…今では求人掲載企業数は40,000社を超え、エンジニアやデザイナー、ディレクター等の採用を希望する多くの企業にご活用をいただいています。

齊藤 新卒の方も中途の方もご利用いただけることも改めてぜひみなさんに知っていただきたいですね。転職サイトというと中途採用のイメージが強いと思いますが、Find Job!は【求人情報サイト】であるところも、大きな特徴です。

加藤 求職者の中にはやりたいことにチャレンジ、手に職を!といったキャリアに高い意識を持った方が多いと思いますし、私たちとしても利用者のニーズを常に解決できるようにしたい。困った人を助けたい。それには、時代に即した見せ方をしないといけないとも思っています。

━━━━時代に即した見せ方が必要…そこで、公式キャラクターが誕生?

加藤 サービス開始から20周年を迎えました。だからこそ飛躍しなければならない。会社としてもサービスとしても次のフェーズに進む必要があると思っています。そこで、チームでFind Job!について、改めて深く現状分析をする機会を設けました。分析の中から、Find Job!は20 代〜30代の若い方の利用率が高く、その中には未経験職種へのチャレンジやIT・Web業界へ新たに挑戦する方に加え、本格的な採用活動を初めて行うスタートアップ企業のご利用もとても高いということがわかりました。共通の課題は不安を抱えていること。

━━━━求職者も採用企業も、不安な心境である、と。

齊藤 とくに求職者側は、「転職先が無事に決まるか」や「どこの企業に転職するか」など、不安になりがちです。企業と求職者の良いマッチングを支援するとともに、Find Job!がその不安さえも消せる場でありたいと思いました。
心地よくFind Job!をご利用いただける手助けをして、良い道に進めるサポートをもっともっとしたい…Find Job!を心の拠り所として身近に感じて欲しい。そんな想いからFind Job!の擬人化、公式キャラクターというアイデアが生まれました。

頑張れ、じゃなくて見守ってほしい

━━━━公式キャラクター「アカボシ」の誕生について、詳しく教えてください。

加藤 アニメなどのサブカルチャーに造詣が深い方とFind Job!ユーザーの親和性が高いということが、Web広告を展開していく中でわかってきました。そこで、今すぐ転職を考えていない方にもまずは興味を持ってもらえるように、キャラクターを通してFind Job!を知ってもらおうと、公式キャラクターを制作することになりました。じゃあいつ作ったらいいのだろうか…一般的に、年末年始休暇でキャリアを考える方が多く、4/1入社を目指して1月から活動開始される方が多いんですね。そこで、Find Job!も初のTVCMを2017年の1月からオンエアを開始するなど、より多くの皆様にサービスをご利用いただけるような施策を進めて参りました。その中で、4/1は多くの企業がエイプリルフールネタを仕込みますのでスマホ接触時間 が長いだろうと予測し、一人でも多くの方から意見をいただくため同日に「Find Job!が公式キャラクターを作るよ」「アイデア募集するよ」と発表しました。4/1ですが、ネタではありませんでした(笑)

━━━━ユーザー参加型の企画だったのですね。

加藤 Find Job!をより身近に感じていただくために、ユーザーさんに寄り添うキャラクターにしたかった。だからこそ一緒に作っていくプロジェクトを企画しました。

発表後のユーザーさんの反応は、とてもポジティブで、中にはイラストを書いてくださった方もいたり。そしてご意見の中に「見守られたい」という希望が多くありました。これって、核心ですよね。というのも就活や転職活動は、アンマッチのため採用に至らないという結果に対面することも少なくないと思います。そんな時に欲しい言葉は頑張れではない。だってもう頑張っているから。頑張ってもご縁がない時もある。だからこそ、「そんなあなたも十分素敵なんだよ。今回はご縁がなかっただけ。」と見守って欲しいんですよね。そこから【どんなに失敗しても「想いは形になる」】というキャラクターの方向性が見えてきました。

齊藤 自分に合った企業と会えるように、正しい情報をしっかりと届けてほしいという声には、「正義感が強い」というコンセプトでしっかり取り入れさせていただいてます。

━━━━なるほど、求職者側の心境にしっかり寄り添っているのですね

齊藤 デザインや特技から、性格、イメージに合う声優さんまで幅広くアイディアを募集しました。

━━━━アカボシのキャラクターデザインについて教えてください。…あれ?加藤さんがモデルですか。

加藤 いやいやいや。そんなことないです(笑)代表の鈴木も含めて、チームメンバーで擦り切れるほど話し合いました。転職活動という体験の中で、まだ見ぬ自分の未来を切り開いてくれる、未来につれていってくれるという未来への期待を、とある人気アニメ.の未来的・独創的な衣装や髪を参考に、転職というキャリアやスキルといった真面目で堅実だがどこかチャレンジングな印象も反映させたい、と。さらに、Find Job!のキーカラー オレンジと、創業20周年記念を表す20歳というパーソナリティをあわせたいよね、などお互いの頭の中で想像しているものをアウトプットしていきました。MTGでは「可視化」することを特に意識して進めましたね。

齊藤 イメージしているものを紙に描きながら、確認し合うことも多かったですね。スピード感も大事にしつつ、互いに認識に相違ないか、とても慎重に進めました。

加藤 そこでブレないコンセプトを確立して、アカボシを誕生させていきました。

■Profile

・どんなに失敗しても「想いは形になる」がモットー。
・とにかくポジティブで笑顔を忘れない。
・正義感が強く善悪を見抜く力は超一流。
・感動屋で涙もろい。少々ドジな一面も。
・好きな食べ物は、お寿司。特に貝類がすき。

『あなたのそばでキャリアを真剣に考えてくれる』、『転職で悩んだときに一番に応援してくれる』というFind Job!のサービスを体現したキャラクターを誕生させることができたと思います。アカボシは、Find Job!の化身としてご利用の皆さまに様々な未来…つまり、たくさんの求人情報をお届けする存在、「未来を届ける」ということを表現したくて、高品質な3Dアニメーションで作成し、近未来的な制服を身にまとっています。そして具体的に彼女には、Find Job!内のサービスや活動をする際のポイントをアドバイス、また、皆さまを応援するメッセージを送るなどの様々な活動をおこなってもらいます。

IT・Web業界自体の底上げに貢献したい

━━━━今後については。

加藤 他社コラボなども検討してIT・Web業界自体の底上げに貢献したいと思っています。というのも、Find Job!にはIT・Web業界が未経験だけどチャレンジをしたいというユーザーの方も多いんです。アカボシがその方々の背中を押すことができたら、この業界へ挑戦してみたい!という方がもっと増えるといいな、と。そしてIT・Web業界で活躍できる人を一人でも多くサポートして行きたいと思っています。

齊藤 アカボシを知らない人に、その存在を知ってもらいたい。IT・Web業界ってよくわからないという方にきっかけを提供したい。ということで、昨日(1/29)から新宿駅コンコースでオフラインイベントも開催しています。

━━━━キャラクターを使ったオフラインイベント!

加藤 そうです。転職を通じてキャリアアップをする方がいる一方で、現状を変えることに悩んでいる方も多くいらっしゃると思います。そこで、現在の仕事や将来について考えるきっかけにしていただきたい、楽しく職業適正診断が実施でき、自分がアニメキャラクターになったオリジナルの履歴書を作成することで、気軽にITに興味を持ってもらえる機会があったらいいのではないかと考えました。

━━━━未来変身ボックスとは?

齊藤 証明写真機型の適正職業診断機です。アカボシの案内の元、顔写真の撮影をしつつ、いくつかの職業診断の質問に答えてもらうと、「あなたがIT・Web業界で働くならこの職種!」とレコメンド付の世界でひとつだけのオリジナル履歴書を作成することができます。

加藤 転職活動といったら証明写真ですよね。今回は最新技術を使い、自分の顔が反映されたアニメキャラクターの証明写真が出来上がっています。

齊藤 履歴書に記載のQRコードへアクセスすると、撮影した画像や診断結果が反映されたオリジナルの動画も見ることができます。

━━━━なるほど、IT・Web業界の最新技術に実際に触れることができるのですね。

加藤 それが狙いです!人の手の動きや声などのしぐさを捉えることができるデバイスKinect、高品質な3Dアニメーションも制作することができるゲームエンジンUnity、AI技術をつかって「顔の特徴やモノ・コトを認識させる」技術Microsoft Cognitive Servicesを使用しています。

齊藤 仕事帰りに気軽に立ち寄って、最新技術に触れていただき、IT・Web業界に興味を持っていただけたらと思っています。1/29の初日はアカボシのキャラクターボイスを担当してくださっている佐倉薫さんもアカボシのコスチュームを身にまとって駆けつけてくださいました!

このイベントは2/4(月)までですが、アカボシを活用して今後も、更に多くの企業や求職者のより良い採用・転職活動をサポートしていきます。

 

加藤佳代(写真:右)

2011年9月、ミクシィに入社。入社後、SNS「mixi」の監視業務や渉外業務、ビューティアプリ「minimo」のCS部隊の立ち上げなどを行う。2016年10月からミクシィ・リクルートメント社に異動し、マーケティング全般を担当。初のTVCMなどの大型プロモーションの立ち上げに従事。

齊藤加菜(写真:左)

2016年、ミクシィに新卒入社。入社後、SNS「mixi」のサービス改修や、オフラインイベントの企画を担当。2017年5月からミクシィ・リクルートメント社に異動し、マーケティングを担当。