社長室って、どんな部署なの?という記事がありましたが、今回は続いて社長室で働くメンバーによる座談会を開催しました。なかなかイメージしにくい社長室の仕事。取り組んでいる内容についてよくよく話を聞いてみると、彼らが担っているのは壮大なミッション。各々が描く役割とメンバーのこれまでのキャリアや仕事観、キャラクターにも注目です!


左手前/原田 健吾  左奥/鈴木 祐己  右手前/倉持 翼  右奥/藤岡 智也

 

 

ミクシィならではの事業規模、組織体制、価値観、キャリア形成に惹かれた

━━━━まずは、社長室にジョインされたみなさんの入社動機について教えてください。

原田 私は2019年2月に中途でミクシィに入社しました。入社以来ずっと社長室戦略グループに所属しています。前職は人材系の会社で、例えばテーマパークの立ち上げといった新規事業に関わる仕事をしていました。

鈴木 テーマパークの立ち上げ!珍しい仕事ですね。原田さんは、なぜ転職を意識したんですか?

原田 事業を作り上げる面白さや手応えは感じていたのですが、もうちょっとシビアに数字に向き合いながら、実現したい世界観を持っているビジョナリーな組織で事業の立ち上げに関わりたい、と思うようになって。色々と転職先を探す中で、ミクシィの戦略グループという部署が私の希望とフィットしてるように感じたので、入社を決意しました。

鈴木 なるほど。

原田 ミクシィは、“世の中にインパクトを与えるような仕事”、“ユーザーにサプライズを与える”ということを非常に重視していますよね。まずは利益よりも、そういった価値観を大切にするところに共感したというか。実はそういった点においては前職の会社もミクシィと同様、ユーザー志向でした。でも事業立ち上げへの気持ちが強い文化ゆえにマネタイズが軽視されているケースも多く、「何とか事業を作ったけれど、人件費などを考えたらどういう状況か?」ということもあって…。これまで積んできた経験を考えると、汎用性の部分やスキルセットのところで、どうしても限界が出てくるのでは?」という疑問を持ちながら仕事をしていたので、転職を意識するようになりました。

鈴木 そうだったんですね。

原田 ビジョナリーというのは重要な要素だと思いますが、それだけでなく事業を客観的に見れる視点も必要だと実感していたので、ミクシィという組織に魅力を感じました。

鈴木 原田さんは、そのような背景があったのですね。僕の場合は、ミクシィの社歴としてはグループ会社からスタートしました。グループ会社で、新規事業の立ち上げに関わらせていただいてました。事業を立ち上げた際に、事業戦略や組織作りにおいて、自分の知見や実力が足りないと実感していたので、「もっと経営を俯瞰して見れる場所でキャリアを伸ばしたい」と考えるように。そこで、事業に寄り沿いつつ、経営を俯瞰できる社長室という部署に異動した経緯ですね。

倉持 社長室を希望した理由はどの辺ですか?

鈴木 経営視点を持って事業の立ち上げを経験したかったためです。所属していたグループ会社とミクシィではやはり事業規模が全然違いますし、ミクシィはキャッシュリッチな会社だからこそ、自分が携われる業務の幅も大きいと考えたので、自分のキャリアを伸ばせる部分も変わってくるだろうと。ミクシィの事業は、1つの投資で100億円という単位のビジネスだったりするので、なかなかこの規模に関われるチャンスというのは魅力的でしたね。

倉持 確かにそうですね。こういうダイナミックな事業立ち上げを経験できる会社はあまりないと思います。藤岡さんの場合はどうですか?

藤岡 私の場合は、ミクシィで働く友人に話を聞いて入社を決めました。新卒で入社したのは日系のメーカーです。いわゆる年功序列を守る大企業だったので、自分で裁量持って動けるようになるには、30代後半にならないと…というイメージでした。そういったところにギャップを感じて、転職を意識するようになって。今の会社の真逆の業界に行こうとIT業界を調べ始めたところ、ミクシィで活躍していた友人から話を聞く機会があったんです。話を聞くうちに魅力を感じて、入社を決めました。

鈴木 藤岡さんも入社当初はグループ会社にいましたよね。

藤岡 はい。僕はミクシィのグループ会社で新規事業の立ち上げを担当し、1年後にmcc(※)でスポーツ関連の新規事業チームに異動しました。2年ぐらいスポーツ事業を担当していましたが、組織再編の関係で4月から社長室の業務に携わるようになりました。なので、私の場合は流れに乗った感じではありますね。
※mcc:「ミクシィ・キャリア・チャレンジ制度」の略。部署毎に求人を掲載し、メンバーは、所属上長への相談や許可がなくても求人に応募でき、条件に合致すれば社内異動が実現する

鈴木 そうだったんですね。社長室の業務に挑戦してみよう、と思えた決め手は?

藤岡 自分の部署の事業だけというのではなく、全社的に事業を見て支援していくという業務なので、割と自分の関心のある領域に関わるチャンスがあるのかなと。また社長室の人数も多いですし、自分の得意領域を選んで動けそうだと思ったところも魅力でした。

鈴木 なるほど。倉持さんはどうですか?

倉持 私の場合は、新規事業のコンサルティング会社で働いていました。基本はコンサルティングがメインなのですが、自社の新規事業の立ち上げにも関わっていました。新規事業には課題解決型の事業もあれば、特に明確な課題がなく、新しい体験を提供するといったエンタメ領域のような新規事業とがあると考えたときに、後者のような新規事業の立ち上げに関わりたいと思うようになりました。

原田 自社の新規事業というのは、どういうものを作っていたんですか?

倉持 出会わないマッチングアプリです。(知人同士で両想いを確認するアプリ)

藤岡 えーそういうのがあるんですね!

鈴木 ちなみに倉持さんが、課題が明確ではないエンタメ領域で新規事業に関わりたいと思ったのは、どういった背景からですか?

倉持 顧客は大企業が中心ということもあり、課題解決型の新規事業が多く、課題が明確なのでサービス自体の仕様も論理で詰めていくことができました。ある程度、「この課題を解決するためには、このソリューションが必要だ」というものが見えてくるケースが多かったかなと思います。
その中で自社新規事業で携わっていたマッチングアプリは課題が顕在化していない部分もあり、サービス仕様を詰めるのが難しい分、面白みも感じ、そういった領域で挑戦していきたいというのがありました。
また、時代の流れとしてもどんどん便利になっていく中で、便利になった挙句、結局可処分時間がどんどん増えて、暇を持て余すことに対して今後も消費が拡大していくんじゃないかなというのもあって。この2つの理由がエンタメ領域を選んだ理由ですね。

原田 なるほど。その中でもミクシィだったのは、どうしてなんですか?

倉持 ミクシィを選んだ理由は2つあります。一つ目は、僕の手掛けていたマッチングアプリが、知人同士でコミュニティを作り上げていくというサービスだったので、ミクシィが手掛ける“親しい人同士のコミュニケーションサービス”に興味があったこと。ミクシィは業界に先駆けてバイラルコミュニケーションをサービス内に組み込んでおり、自分が携わってきたサービスと親和性があると感じたのがきっかけです。

原田 具体的にはバイラルコミュニケーションですか??

倉持 そうですね。企業説明会でバイラルコミュニケーションの話があったのですが、そのときはバイラルコミュニケーションを知らず、「あ、自分がしてたことと同じだ!」と気づいたというのが背景にありました。

そしてもう一つの理由は、当時ゲームの売上が若干下り坂に入ってきた時期だったので、次の事業の柱が必要だという危機感がすごい強い会社だという印象を受けたためです。「ここだったら新規事業を積極的に作っていけるんじゃないか」と思えたのが、決め手になりました。

 

仕事は多種多様。事業立ち上げのイロハが学べる。

━━━━なるほど。次はみなさんが今、どんな仕事をされているかについて伺いたいと思います。

原田 業務は多岐にわたりますが、直近のプロジェクトとしては約半年ほどスポーツ関連事業のPM業務に携わっています。具体的には、経理・法務面での問題解決や各ステークホルダーとの契約締結をはじめ、プロダクトリリースにあたってクリアにしなければいけないけれども、今の組織体制上なかなか手が回せていないような重大なポイントを、PMチームとして解決に当たっているという状況です。

鈴木 事業部がぶち当たっていく壁を、僕らが法務チームなどと連携しながら取っ払っているイメージですよね。

原田 そうですね。例えばですが、僕が関わっているのは販売契約のスキーム構築、サービスとしての税制面の調整などを通じて、パートナーがキャッシュアウトを発生せずにお互いwin-winな関係で成立するかというところを調整しています。

倉持 原田さんは、仕事のどんなところに面白みを感じていますか?

原田 面白さと大変さは表裏一体な部分があると思いますが、仕事の進め方から何から、全部自分でイチから考えなければいけないところかなと。やり方がそもそも定まってない業務が非常に多いので困難ではあるものの、イチから携われるところには面白みを感じます。ビジネスというのは色々なスキームや構造が組み合わさってできているものですが、そこをちゃんとイチから作り上げていく経験ができるのはすごくやり甲斐がありますね。

倉持 なるほど。

原田 社長室の仕事というのは、事業やプロダクトに対して与える影響が大きいですよね。整理の良し悪しがプロダクトの良し悪しにも影響するので、責任感の大きさがやり甲斐につながっています。さらに、毎回未経験の業務を進めていくことが自分のスキルセットを高めているのだと手応えを感じていますね。

鈴木 そのやり甲斐、分かります。僕も原田さんと同じPMチームにジョインしていて、サービスをリリースするという目標の他に、リリース後の安定運用をしていくというミッションもあるので、業務フローの切り出しや構築を担当しています。少し前には、金融庁などをはじめとする規制へのリスクヘッジや法務の調整も。去年までは社長室で千葉ジェッツの関連の業務も一定期間担当していました。

原田 そうでしたね。

鈴木 新しいプロジェクトを立ち上げるにあたり、ビジネススキームから全部担当していたので、プロジェクトメンバーとコミュニケーションを取りつつ業務を遂行してきました。

仕事の面白みと大変さは、原田さんと同様に、社長室の業務というのは誰かが手取り足取り教えてくれるものではありません。基本的には自分でビジネススキームやフローを含め、アウトプットを全て考えるところからスタートしていくというところはやはり面白みがありますね。

原田 うんうん。

倉持 といっても、経験がないことは素直に「ありません」と言えば、マネージャーをはじめとする上司がちゃんとフォローしてくれます。ただ、一度経験していることに関しては何も言われずに進められるので、そこが良いところなんじゃないかと思います。

鈴木 そうですね。ちゃんとコミュニケーションの場を設けてくれるので、分からなければ聞けますし、新しいことに関しては知見を持つ人が教えてくれますから。

これまでに経験したことがないような事業に、自分たちが中心として入っていくことができるのは結構手応えも感じますし、楽しみでもあるというか。社長室のミッションである「会社の戦況を変える決定的な仕事をする」というところも、本当にそれが達成できたときはかなり手応えを感じる部分かなとは思います。

藤岡 僕は、プロスポーツクラブやアスリートを新しい形で支援するスポーツギフティングサービス『Unlim(アンリム)』(※)に関わっています。具体的な業務内容は、『Unlim』のブランド戦略立案から営業体制の構築のサポートがメインです。上司と一緒に事業部メンバーにヒアリングしながら資料を作成し、ミーティングを通じて「みんなでこういう方向で進めていきましょう」ということをイチからやっています。
※『Unlim』は一般財団法人アスリートフラッグ財団によるプロスポーツクラブやアスリートを新しい形で支援するスポーツギフティングサービス。2020年2月19日よりスタート。

事業部と経営陣との間に立って、客観的な立場でお互いの話をまとめながらコミュニケーションを取って進めていくというところが、社長室としての任務というか役目の一つだと思っています。

倉持 上手く橋渡しするということですよね。どういうところに面白みと大変さを感じます?

藤岡 仕事の面白みの話でいうと、今まで自分ができなかったことができるようになっていく、そのスキルセットの成長が一つあります。もう一つは、自分たちが関わって『Unlim』が結果的に変わるというか、良くなったと実感できたときが一番その面白みを感じられるんだろうなと思っています。今はまだその途中の段階なのですが…。

仕事の大変なところは、きっちりしたフォーマットの資料を作った経験がなかったので、苦戦しているところですかね…。

倉持 笑。

藤岡 事業部に社長室のメンバーが入っていって、「こういう風に考えた方がいい」という話をするわけなので、誰が見ても理解でき、納得感があるような資料ではないといけない。アウトプットの質が求められるので、それが結構大変だなと。

倉持 そうですよね。私の仕事内容は、エンタメ領域の全く新しいビジネスの立ち上げに関わっています。この場では詳細が話せない段階なので残念なのですが…。その中で私が担当しているのは、事業企画とサービス企画の部分ですね。

原田 ミクシィとしてもかなり新しい挑戦ですよね。その中でやり甲斐はどんなときに感じますか?

倉持 うーん…。難しいですね…。今は苦しみの方が99%くらいあったりするので(笑)。

原田 なるほど(笑)。正直なところ、どの辺が苦しいですか?

倉持 前職のコンサルのときも、社長室の事業支援のときも、目指すゴールは“良い戦略を考えるとか、良い/企画/計画を立てる”という部分でした。今の場合は実行フェーズに落とし込んだときに、良い企画/計画だとしてもパートナーと折り合いがつかないということも多く、歯がゆさを感じることがありますね。しっかり動いて実行に移されるところまで責任持ってコミュニケーションを取っていくところが難しいところかなと。クライアントでもなく、契約関係があるようでないような関係先もあったりするので、複雑ではありますね。

原田 難易度高そうですね。。

倉持 ええ(苦笑)。自分主体で実行できるなら自分がせっせと頑張ればいいだけですが、周りに協力してもらい動いてもらわなきゃいけない。動いてもらえなかったら我々の責任になるので、熱意・エネルギー・粘りみたいなところで世の中って動いていくんだなということを実感していますね。

藤岡 倉持さん、大変そうですね…。

原田 今、藤岡さんと同じことを言おうと思いました(笑)。

全員 笑。

藤岡 倉持さんは、関わる相手の人が社外のことが多いですよね。なので大変さが違うなと思って。

倉持 うーん、確かにそうかもしれません。社内でも関連部署と連携することはありますが、ほとんどが社外との連携になりますね。

━━━━社長室の業務というのは、直接サービスを作るというのではなく、サービス成功のために軌道に乗せる黒子に徹するわけですね。スムーズに進められるようにレールを引く仕事というか。

原田 まさしくその通りだと思います。特に僕と鈴木さんが担当しているところは、本当にその一言に尽きますね。現場のスタッフレベルのメンバーからは、社長室メンバーの動きはたぶん見えにくいと思うので、週一の全体定例では「こういうことをやっています」と一応報告はしていますが…。実態としてどう動いてるかというのは中々見えてないかもしれません。マネージャー同士は直接やり取りをして進めているので、その中では「色々と手が回らないところをやってくれてるね、ありがとう」というコミュニケーションは結構ありますね。

鈴木 そうですね。

倉持 原田さんや鈴木さんが手掛ける仕事は、サービスの中核となる企画やデザインではなく、ユーザーさんの目に触れるところも少ないと思うのですが、どういうところにモチベーションを持っていますか?

原田 自分に関して言えば、キャリアの志向的に自分でサービス作るというよりは、事業がゼロの段階から確実にイチになるように成功確度を上げていく、というキャリアを歩んでいきたいという思いがあるので、そういったところにモチベーションを感じていますね。

倉持 なるほど。鈴木さんはどうですか?

鈴木 そうですね。まぁ役割かなと思っていて。事業規模が大きければ、やっぱりそういった役割を担う人も必要だと思っているので…。黒子ではありますが、それが組織に必要なものであるという風に理解しています。特に社長室だと多岐にわたって業務に取り組んでいくので、ずっと同じ仕事をし続けるというわけではない、というのもあるかなと。

 

事業支援だけでなく、社長室発信の新規事業も推進していきたい。

━━━ありがとうございます。最後に将来の展望についてお話を聞かせてください。個人でもチームでも、事業についての目標でも構いません。

鈴木 業務でいうと、きちんとサービスのリリースやプロジェクトの成功を目標として奮闘していきたいと思っています。社長室の役割でいうと、新しいビジネス戦略を今後も考えていくべきでしょう。その事業が会社の重点利益でもあるモンストに代わる新たな柱となって、会社の戦況を変える決定的な仕事になるというところを目指し、社長室というチームで動いていけたら嬉しいと思っています。その中で自分個人としては、さっき言った通り役割はいくらでもあるので、その各役割の中で最大限自身のバリューを発揮したいというところと、もう少し事業寄りのことを手掛けていきたいですね。
今後は、一つのサービスから派生してさまざまな事業を立ち上げ、運用していくという形になると思うので、自身が中心となって事業を進められるように仕事をしたいなと。

原田 私は今携わっているスポーツ関連事業を無事ローンチして、事業として成功させるということを一番大きな目標として動いています。もう少し先のところで言うと、スポーツ関連事業が半分くらい出来上がってるような状況からジョインしたので、次の機会があるとしたら、ゼロからプロダクトやサービスを立ち上げていくプロジェクトに関わっていきたいですね。今の仕事で得た経験とはまた違うような業務も発生するでしょうし、仕事としてとても興味があり、経験を深めていきたいなと思っています。

倉持 グループとしてはどうですか?

原田 社長室グループとしては、これまで次世代エンターテイメント事業本部の中の各事業を中心に支援してきましたが、今後はより各部室に散らばり、本部をまたいで別の部署に対してもサポートができるようなチームになりたいと思っています。例えば、「ちょっとこういうところ困ってるんだけど、なんとかしてほしい」と声が掛かったら、パパパッと解決できるような…そのような人材が集まってるグループを目指しています。直近だと、個人スキルを伸ばしていくために、全員で企業の財務分析についての勉強会も開催していますよね。

鈴木 そうですね。ミクシィのIRを見たり、他社の分析をしたり。テーマを決めて、財務のシミュレーションをしていますよね。

原田 ちゃんとビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるような施策をチーム内で実行しているので、個々人になったときも能力を発揮できるようなそんな組織になってるといいなと。

鈴木 確かに。倉持さんはどうですか?

倉持 チームの目標からお話すると…。社長室のメンバーは大きく分けて、“将軍型”と“参謀型”のタイプに分かれると思うんですが、“将軍型”の人は事業責任者として事業に入り込んで主体者としてプロジェクトを動かしていき、“参謀型”は頭脳派集団として社内の中心を担うという2パターンで伸びていけるといいんじゃないかなとは思っています。個人的な目標としては、将来的には前者の事業責任者として動いていけるようになりたいので、まず事業を任せてもらうために一つのモジュールが務まらないといけません。そのために今のサービスをリリースまでしっかり持っていきたいと思っています。

藤岡 社長室と自分の将来に関しては、みなさんと同じような話になりますが、社長室から新規事業が出てきてもいいかなと思っていて。これまで新規ビジネスの支援がメインでそのサポートという立場で動いてきましたが、自分たち発信で新規のアイデアが出てきてもいいかなと思ってます。そして、個人としても新規のビジネスを作っていけるような能力を今の業務の中で身につけていきたいですね。

 ━━━ありがとうございました。最後に、社内の戦略グループの雰囲気ってどんな感じなのか教えてください。

鈴木 テンション高いですよね。

藤岡 めっちゃ良いですよね?

原田 良いと思います(笑)。

藤岡 僕が他の部署にいたときは、社長室はもっと静かで知的な集団なのかなと思っていたんですけど…。でもミクシィの社長室はそんなことなくて、どのメンバーも面白いことを言いますよね(笑)。

原田 笑。

藤岡 雰囲気がすごく良くて、雑談とか情報交換も日常的にしていますし。

鈴木 そうですね。やるときはきちっとみんなでしっかりやりつつ、雑談やコミュニケーションも欠かさずとっていますよね(笑)。

藤岡 僕の歓迎会としてzoom飲みも開催していただいたし。

倉持 笑。

藤岡 ウェット集団です(笑)。社内の他の部署から見たら、きっとコンサル集団のような、ドライな人たちが集まってるように見えているかもしれませんが。

倉持 うん。社内であっても中々言えない案件が多いですからね、どうしても…。

藤岡 気軽に「今こういうことやってるんだよね」と言えない辛さはありますよね。

倉持 今回の座談会以外にも、プライベート版のインタビュー企画とかがあったらぜひ参加したいですね(笑)。

藤岡 笑。

倉持 どうしても社長室って、扱っている案件が秘密裏なものが多いので、メンバーがデスクで笑ってるイメージが湧かないと思うんですよ。

鈴木 まぁそうですよね。

倉持 エンタメを扱う部署であれば、面白いものを見つけたらみんなで共有して笑ったり、一緒にゲームやってたりという雰囲気に見えるので。社長室も実は業務の話が終わった瞬間には、結構ふざけた話をすることもありますし(笑)、エンタメの面白い話とかもしてますし。新しいアイデアとかも出し合う集団だったりもするので。

原田 そうですね。確かにみなさんが思う以上に、人間らしいチームかもしれないですね(笑)。

倉持 翼
大学卒業後、大手アパレル企業にて店舗マネジメントに従事。その後コンサルティングファームにて、金融、通信、鉄道業界を中心に新規事業開発支援(戦略策定/サービス企画/財務モデリング/プロジェクトマネジメント等)を担当。並行して社内新規事業の責任者として「知人同士に特化したマッチングアプリ」をリリース。2019年ミクシィへ中途入社。スポーツ、公営競技領域を中心に新規事業開発に携わる。
鈴木 祐己
大学卒業後、大手外食チェーンにて数十店舗のエリアマネジメントに従事。2014年にミクシィのグループ会社へ中途入社後、イベント事業・婚活事業を中心に事業責任者としてサービス企画・新規事業立ち上げに従事。2019年に再入社後、社長室戦略グループに所属し、スポーツ事業支援/PMI・新規事業PMなどを担当。
原田 健吾
大学卒業後、大手人材企業にて社長直下で新規プロジェクト(複合観光施設・テーマパーク・人材サービス等)の立ち上げを行う。プロジェクトマネジメント・営業企画・施設運営を担当する傍ら、並行してタマネギ・レタス栽培等の農業に従事。その後セールスを経て、2019年ミクシィへ中途入社。スポーツ領域を中心とした新規事業開発・プロジェクトマネジメントに携わる。
藤岡 智也
大学卒業後、日系メーカーにて営業を担当。2017年にミクシィに中途入社、ミクシィリクルートメント事業部にて、新規事業を担当。その後、現部署に異動。渉外担当として、各関係各所との交渉に従事。
PAGE TOP