ミクシィグループが“まるわかりできる”メディア

「THE 入社式」趣向を変えてやってみた。

4月1日から新年度がスタートし、ミクシィグループでは、例年通り、桜を活け込んだコラボスペースにて2019年新卒入社者22名の入社式を執り行いました。しかし、今年はこれまでの入社式と趣向をガラリと変えて実施。

※昨年の様子はコチラ

「代表からの訓示」「新卒入社者の決意表明」といったいわゆる基本的な入社式のコンテンツは踏襲したものの、ミクシィグループらしいコンテンツを用意し、新たな仲間として歓迎しました。その背景やねらいを説明するとともに、写真を中心に入社式の様子をレポートします。

 
役員だって、新卒の時代があった
新元号の発表がもう間もなくという、11時30分頃から式がスタート。一般的には、先に新卒社員が会場で着席し、後から入場する役員を待つ、そんなイメージがありますが…。

今年は、役員陣が先に着席し、彼らの採用に関わった人事メンバーとともに新卒社員の入場を待ちます。

すると、「モンスターストライク」のマスコットキャラクター「オラゴン」が新卒社員を連れて会場へ入場。

新卒社員が割れんばかりの拍手で迎えられながら、役員が着席している席の間に着席します。

入場が終わり、早速式がスタート。執行役員を一人ひとり紹介し、代表木村からのメッセージ。

「新元号が気になってですね(笑)。」と手元のスマホを見ながら、木村節で挨拶。これには新卒社員からも笑みがこぼれました。

続いて、「現在のビジネスシーンは、シンギュラリティ(技術的特異点)が起こりうる時代の中で、これまでの仕事との関わり方が大きく変わってきている。付加価値を作ることが困難になってきている。」と時代の変化を指摘。「だからこそ、今ある付加価値や社会そのものを、自分たちの手で変えていかなければならない。これからの活躍に期待しているので、よろしくお願いいたします。」と力強いメッセージを伝えました。

 

次は、「執行役員の新入社員時代を振り返る」というコンテンツ。2009年の新卒として入社したライブエクスペリエンス領域の執行役員 田村からのメッセージ。

営業としてキャリアをスタートした10年前の入社時を振り返ります。

「当初、営業に配属されたのが正直嫌だった。しかし、結果的にその経験のおかげで、今の自分がある。」正直に当時の心境を吐露しながらも、感謝を示しました。「仕事だけじゃなく、プライベートを通じても諸先輩方に様々なことを教わってきた。飲み会やイベントの幹事など、小さな成功体験でも積み重ねてきたことで、大きな自信につながっている。もし、先輩方に●●をやってみろと言われたら、まずはやってみるのもいいのでは。それが意外に最短距離で成長できるかも。」と自身の体験を元にしたエピソードを披露しました。

 

次は執行役員CTOの村瀬。

「新元号『令和』が発表されましたね(笑)。」とリアルタイムに政府の発表を伝えながら、当時を振り返ります。「私の場合、入社する前から、何が自分自身にとって幸せなのかを理解していたので、幸せを感じながら仕事をしていた。みなさんもやりたいことと幸せが結びつくのであれば、全力で取り組んでほしい。自己分析を怠らずにやっていければ、仕事に幸せを感じながら打ち込めるはず」と、自分なりの仕事の哲学を紹介しながら激励しました。

 

次はミクシィグループのミッションである「フォー・コミュニケーション」をテーマに新卒社員が自己紹介を行いました。

良いサービスや良いチームによって生まれるから「チーム フォー・コミュニケーション」、サービスを通して家族を幸せにしたい「ファミリーフォー・コミュニケーション」など、各々のパーソナリティを表現した様々な個性が垣間見れました。

 
「ユーザーサプライズファースト」を体感する
そしてこの日、新卒社員へのスペシャルなサプライズが用意されていました。
会場中央のモニターに映し出されたのはXFLAG所属のプロクライマー・野中生萌(のなか みほう)選手。世界を舞台に活躍する、同世代である野中選手の紹介VTRを真剣に見つめる新卒社員たち。さらに司会から「続いて、野中選手からのメッセージVTRをご覧ください」のアナウンスで、再びモニターを見つめていると…

「みなさん、こんにちわー!」

なんと野中選手が直接新卒社員に応援メッセージを伝えるために、入社式に駆け付けてくださいました。

嬉しいサプライズに、思わずざわめく会場。早速、ミクシィが掲げる企業理念「ユーザーサプライズファースト」の一端を体感できたようです。

「自分の目標を達成するためにたくさんのことがあるかと思いますが、色んな状況や環境全てを楽しんでほしいです。私もみなさんと同世代として目標に向かって頑張っていくので、お互いに刺激しあいたいと思います。」

野中選手の力強くも温かいメッセージは、今後それぞれ異なるフィールドでの成長と活躍が期待される新卒社員の胸にも響いたことでしょう。野中選手、ありがとうございました!

 

最後に記念撮影を行い、いざ、ランチ懇親会へ。

 

 

説明に熱が入り、ホワイドボードを使ってマーケティングについて解説する場面も。

途中、席替えを行い、様々な役員とコミュニケーションをとる機会があり、あっという間に懇親会も終了。懇親会を含めた2時間の入社式がこれにて、幕を閉じました。

 
「Welcome!」を全力で表現するために
今回の入社式では、下記のようなコンテンツや取り組みを実施。

・服装自由、スーツよりもお気に入りの私服で!

・入場時はオラゴンと列席者がお出迎え

・役員も新卒社員も席は混合で距離感UP

・新卒の自己紹介だけでなく、役員のエピソードもあり

・同世代のプロクライマー野中生萌選手が、激励のメッセージとサプライズ登場

・全員が肩を並べて集合写真

この背景には、新卒社員の門出を祝い、仲間としての「Welcome!」を全力で表現したかったためです。またカジュアルな雰囲気の中、役員との心の距離を縮め、より新卒社員が緊張せずにリラックスして、式典の参加や役員との懇親を実現させたい想いもありました。

 

新卒社員の皆さんには、役員や人事メンバーとともにリラックスした雰囲気の中、懇親を楽しんでもらえたようでホッとしました。

最後に社会人となった新卒社員の方へ。今後、充実した楽しいときばかりではなく、困難が待ち受けているかもしれません。そんなときは入社同期や身近なメンバーと支え合い、励まし合いながら、苦境を乗り越えて欲しいと思います。また、何事にも挑戦し、チャンスを掴み、自己実現を達成していって欲しい。メンバー一同、応援しています。
 
22名の新卒入社のみなさん、ようこそミクシィグループへ!

 

– – – – – – – – –  ※※※ - – – – – – – – –

■ pick up! ■
「ミクシィグループで働きたい」と考えている学生のみなさんへ、お伝えしたいこと
ミクシィグループの内定式、無事、開催できました。

PAGE TOP