会社のコト 働くヒト お知らせ・ご案内 その他

2018/06/08

全社員が主役! ミクシィグループ全社総会を開催したよ。

ミクシィグループの全社員が一堂に会し、昨年度の功績・実績をみんなで称えあう、全社総会「mixi GROUP MEETING 2018」を本日開催しました。全社総会のプログラム内容をお伝えするとともに、どのような想いで開催しているのか、ご紹介します。

賞賛と表彰の文化を

 

ミクシィグループの全社総会は、昨年度の功績・実績を称え、全社を挙げて『ミクシィアワード』という名で表彰します。功績を収めたスタッフやチームに対して「おめでとう」と賞賛や感謝の気持ちを全員で共有する。上司や同僚、時には部下や普段関わりが少ない部署の方などから。そのようなカルチャーをミクシィグループは大切にしたいと思っています。

特にミクシィグループは、『コミュニケーション』を事業の軸として掲げています。だからこそ、コミュニケーションを通して事業を推進していく、つまりチームでの活躍が必要不可欠です。1人では達成困難な課題でも、大きなポテンシャルを持つチームだからこそ、力を合わせれば、恐ろしいほどのパフォーマンスを発揮できると信じています。

 

そのため、個人賞に加え、チームで優秀な功績を収めた場合も賞賛しています。今年は、チームの優秀賞を6グループが受賞、受賞人数だけを見るとなんと120名程度がミクシィアワードを受賞しました。

ミクシィグループの協力パートナーを含め、1000名以上の社員が集まる中で、盛大に賞賛したいという想いを実現するためにも、今年はグランド ハイアット 東京にて、全社総会「mixi GROUP MEETING 2018」を開催しました。

 

それでは早速ですが、総会のプログラムを紹介します。

【プログラム】

第一部

 昨年の振り返り
 表彰 ミクシィアワード発表
 アワード総括

第二部

 懇親会

 

プログラム「昨年の振り返り」では、取締役の木村が2017年4月~2018年3月までの事業展開を振り返ります。「○月にリリースした△△は、現在も順調に成長していて今後の可能性を感じる」「新規事業の□□は、マーケットに大きなインパクトを与えることができた」など、事業や取り組みにおいて会社や社会に貢献したものを中心に説明し、賞賛しました。

※ここだけの話 その壱
「社員やチームの賞賛を、メッセージとして自分で伝えたい」ということで、木村自ら当日のスライド資料を作成しました。

栄冠は誰/どのチームの手に?

そしてここから、ミクシィアワードの発表です。
2017年新卒社員が対象の『新人部門』、全社員が対象の『個人部門』、そしてチームを称える『チーム部門』と、3部門で構成され、それぞれ優秀賞、最優秀賞が発表されます。優秀賞を受賞したらメダルを、最優秀賞に選ばれたらトロフィーをそれぞれ記念品として贈呈しています。

選定には、「業務で実績を上げている」「チャレンジ精神が旺盛」「若手や同僚の育成に熱心」などの視点から複合的な要素を組み合わせて受賞者を選定しています。

 

『新人部門』

最優秀賞: モンスト事業本部 ゲーム運営部  角田 和花

『新人部門』の最優秀賞には角田 和花が選ばれました。

「新卒ながらチームの中心メンバーとして、繁体字版モンスターストライクにおける数々のコラボ案件のディレクションやゲーム内イベントのプランニングなどを担当し、成果を残し続けてきた。1人で担当する案件の管理範囲の大きさ、調整難易度、アウトプットのクオリティに関して、群を抜いた成果と成長を見せていた」と周りを巻き込みながら、業務を進めていく実績と成長が評価され、最優秀賞を獲得しました。その他4名の社員が優秀賞を受賞しました。


『個人部門』

最優秀賞:XFLAG ENTERTAINMENT 道下 江里花

『個人部門』の最優秀賞にはXFLAG ENTERTAINMENTの道下が選ばれました。「新規事業の立ち上げを円滑に実現している実行力とマネジメント力や、自身の経験をもとにした後進の育成など会社の発展に尽力している」などミクシィグループの模範になる活躍が評価され受賞にいたりました。また、個人部門の優秀賞を4名の方が受賞しました。


『チーム部門』

最優秀賞:XFLAG STORE SHIBUYA (代表者:加奈山 怜)

最後に『チーム部門』の最優秀賞の発表です。選ばれたのは、チーム「XFLAG STORE SHIBUYA」です。「XFLAG STORE SHIBUYA 」は2017年5月にオープンした「プレイする新感覚ストア。」です。そのストアの立ち上げ責任者として、「ミクシィグループ初の常設店舗の実現と、リピート率50%という非常に顧客満足度の高い店舗運営の手腕をふるったことは、大きなチャレンジと実績に値する。また、様々な取り組みの中で、スタッフ一丸となって乗り切っている。」などの点が総合的に評価され、 チーム部門において最優秀賞に輝きました。

チーム部門の優秀賞は6グループ、社員数で数えると120名以上の方がアワードを獲得しています。チーム部門で受賞した方には、記念品として特注のロゼット(リボンで作られた勲章)をお配りし、同僚や他のチームの方から賞賛されていました。

受賞者のスピーチで印象的だったのは、新人賞、個人賞を受賞した方も「一緒に働く仲間やチームのおかげで受賞できた」とスピーチに同じフレーズがありました。ミクシィグループで働くスタッフらしいスピーチだったと思います。

 

※ここだけの話 その弐
選定方法に関して、マネージャーや部長などからミクシィアワードにて表彰するにふさわしいメンバーを理由とともに推薦してもらい、その推薦されたメンバーの中から投票を実施。その後、投票結果を参考に、執行役員、取締役が数時間にわたって厳粛に議論を重ねて決定しています。

 

ミクシィアワードの表彰の後は、アフターパーティーとして懇親会を開催。おいしい料理とドリンクに舌鼓を打ちながら、トロフィーやメダルを獲得した方、ロゼットを身に着けている方を賞賛している姿があちこちで散見されました。

今年の全社総会は休憩時間を含めて3時間半程度でしたが、最後は本イベントで撮影されたみんなの笑顔の写真を会場全員で見てもらい、幕を閉じました。

 

最後に

どんなに人が増えようとも、将来どのような事業を展開しようとも、ミクシィグループで働く従業員を賞賛し称えあう文化というものを、これからも継続していきたいと考えております。簡単なことではありませんが、工夫を凝らし、社員により働きやすいと感じてもらえる会社にしていきたいものです。

 

– – – – – – – – –  ※※※ - – – – – – – – –

■ pick up! ■

コミュニケーションサービスは、作り手とユーザーの熱量で作られている 【前編】
コミュニケーションサービスは、作り手とユーザーの熱量で作られている 【後編】